人見知りを直すため、3カ月で200人と会った話

こんばんは!

伝える・伝わるデザイン中村です。

最近「初めての人」に会っていますか?

今でこそ誰とでも話ができる人と認識されることが多くなった私ですが、
数年前までは人見知りをかなりこじらせていました。

デザイナーさんはややそういう傾向の人が多いかもしれませんね。
(営業さんに比べたらという意味で)

その転機となったのが、4年ほど前に私がお師匠様と仰ぐ方から言われたこの言葉。

「1カ月100人に会う、それを3カ月続けなさい」

1か月100人に3カ月会い続けたら世界が変わるというのです。

1か月100人なんて無理でしょと思いましたが、
自分を変えたかった私は、本気で取り組みました。

まだ社員として普通に9時18時まで働いていた頃のことです。

その時、師匠はネットでお話をするというのもOKと言う話をしていましたが
なんとなくそれは邪道じゃないかと思った私は
ガチで対面で合った人のみをカウントすることにしました。
(私が全員の前でスピーチなどをした場合は、そこにいた人の人数をカウントしていいとのことでした)

最初に考えたのは、異業種交流会。
その頃セミナーにもよく出ていたので、それで結構人数会えるかなと考えました。

ところが・・・。

1か月目60人、2カ月目も60人。

思っていたよりも話すことができず
100名までには程遠い人数でした。

3か月目こそは!

と、それまでやっていた異業種交流会などに参加する以外に、
歩いているワンちゃん連れの人に「かわいいですね~」と話しかけたり、
居酒屋で隣になった人に話しかけたりなどもしました。

無我夢中で1か月頑張りましたが、体力の限界が来て寝込むという残念なな結果に。

結果、100名に届かなかったものの80名とお話することができ、
合計3カ月で200名の人とお会いすることができました!!✨✨

その結果私に何が起こったかというと

・コミュニケーションにある程度自信を持つきっかけとなった
・知らない人に話しかけるのが容易になった
・話題を振れるようになった
・人の話を聞く練習になった
・いろんな価値観があるということがわかるきっかけになった

という感じかなと思います。

とはいえ、元が結構な人見知りなので、ほんのり人見知りは継続中です笑

ただ、今このエピソードを書きながら思ったことがあります。

師匠は、300人と会う方法として「直接会う」だけでなく、「ネットなどで知り合う」ことも数に入れていいということを言っていました。

当時の私はそれを除外したのですが

目的を達成するために、様々な手段を考慮に入れたり、

そのほかの方法はないか模索したりする

考え方の柔軟さ、戦略性

を持ってもよかったのではないか。

そして、

ネットで知らない人と話をすることも
目標を達成するために今何ができるだろうと考えることも
自分のこだわりに固執しすぎないということも
結果的には私の糧になると考えられたらよかったなぁと思います。

愚直に同じことを倒れるまでやり続けることだけが答えじゃないですし。

そんなことを考えられるようになった自分の変化が、うれしくもあります。

なんだかんだ言っても、3カ月300人と会うチャレンジをやってよかったと思いますし、

まだチャレンジしたことがなくて、
コミュニケーションにそんなに自信がない人なら
一度チャレンジしてみることをお勧めします!

これを書きながら、再度チャレンジしたくなってきました。
わくわく。
コロナ収束したらやってみようかな。

では、また!
伝える・伝わるデザイン中村でした!