おいしい の記憶。

伝える・伝わるデザインです。
2021年1回目の投稿です。今年もよろしくお願いいたします!


私の記憶の中には

「あれホントにおいしかったな~。」

がいくつも眠っています。

その中には、なんていう名前だったか忘れてしまったものや、
もう二度と食べられないものもあります。

思い出一つ目は、20歳の頃バイト先でお客さまにもらった和菓子。

あれほんとにおいしかったな~なんて思い出しながら
お客様にひとつだけおすそ分けしていただいた和菓子の名前を、
すっかり記憶のどこかに置いてきてしまっていました。

カタチは四角。
口に入れるとほろりと崩れる外側のナニカと栗。
あと一つ、覚えているのは「皇室御用達」だったということ。

皇室御用達ということは、きっと有名な和菓子。

必ずどこかで出会えるはず・・!と
銘菓コーナーがあるお店では必ずチェックをしていました。

そして月日が流れること10年。

いつものように銘菓コーナーを見ていたら、
皇室御用達の文字。
そして四角いフォルム。
栗も入っている。

「あ、絶対これだ。」

確信をした私は興奮しつつすぐにこれを購入。

口の中に入れるとほろりと優しく崩れる黄色い餡。
大きな栗。控え目な餡子。
全部好みの配分。

あ~これだ、これだよ~~~泣

10年ぶりに食べたその味は、10年前に食べた記憶のまま
とてもおいしかったです。

和菓子大吾 爾比久良(にいくら)。

10年探していたこの和菓子は、
なんと家から車でそんなにかからない距離にあったのでした。

灯台もと暗し。

おあとがよろしいようで。