PowerPointでチラシ作成。~文字が多い場合のポイント~

伊関社会保険労務士事務所様のチラシを作成させていただきました♪

お客様から「社会保険労務士事務所って何をしているの?」と聞かれることが多いので、
わかりやすく説明する資料が作りたいとのご依頼。

デザイン作成後、修正をしやすいようにパワーポイントでデザインを作成しています。

いただいた資料がコチラ。↓

ここから色々と構成を変更させていただきました。

チラシを読む人は保険社労士事務所についてほとんど知らない人を想定しています。
私もそうなのですが、チラシのようなものは、文字が多いと読むまでの心理的ハードルが上がる傾向にあります。

なので、わかりやすく、読みやすくすることが大前提となります。
流し読みをしても頭に入るような構成にすることがポイントです。

<伝える・伝わるデザインが行ったこと>

元が質問形式だったので、「Q&A」と銘打ち、メリハリをつけてわかりやすく文言を配置。
さらに伊関さんの似顔絵を入れて、親しみを持てるようなデザインにしました。(こちらは伊関さんのご希望)

業務範囲が多岐にわたるので、どうしても文字量が多くなってしまうところは文字の大きさやデザインのメリハリでカバー

Q.社会保険労務士事務所って何をしているの? 人事・労務に関する処理の作成及び手続代行  という内容が一番伝えたいことなので、 文字を大きく色を付けて目に入りやすく。 業務内容はもっと詳しく知りたいという人に読んで もらう箇所なので、文字は小さめでOK。 (もちろん大事な個所なのですが、優先順位で判断)

裏面は事務所サービス内容の説明です。
構成の整理整頓を行い、ぱっと見でもわかりやすいようにしました。

ここでのポイントは色々あるのですが、
まずは「3つのサービスがありますよ」ということと
メインサービスが「顧問契約サービス」であるということが読む人に伝わればよいと考えました。

というわけで、タイトルに王冠などをつけてみています。
ちょっとした工夫ですが、シンプルに伝わりやすいですね。

メインサービス「顧問契約サービス」を柱として 内容を構成。細かい説明を人物の悩みとして表現することで どういった状況の時にこのサービスを使うのか わかりやすく。

Powerpointでのデザイン作成は、
Illustratorで作るよりも制限が多いのですが
工夫次第でここまでできます!

そしてデザインも重要ですが、最初にお伝えした通り内容をどのように伝えるか考えた構成を考えるのも大事なことですね。

伝える・伝わるデザインでは
パワーポイントで作成のご依頼も受け付けております。
お問合せくださいね。