デザインがごちゃつく時にチェックすべきこと

こんばんは!
伝わる・伝わるデザイン中村麻奈美です!

チラシなどの紙面がごちゃごちゃして読みにくく感じること、ありませんか?

デザインがイマイチで読みにくいケースもよくあります。
ただ私の経験で言えば、デザインのせいだけでないこともあるんですよ。

☆この記事は、自分でデザインをされる方(デザイナー以外)向けの記事です。

文字数が多いと読みにくい

先日デザインをもっとわかりやすくしたい
とのご相談をいただきました。

A4チラシを拝見したところ、こんな感じのデザインだったんです。

ちょっと大袈裟なイメージですが。

文字が多い!ですね!

実はこれ、グラフィックデザインの世界ではあるある話なんです。

大切なことを伝えたいがために作るデザイン。
あれもこれもと入れたいものを入れた結果、
なんだか読みにくくなってしまった・・・ということがよくおきます。

削った方がいいと言われても
入っている内容はどれもこれも必要な内容。
到底削ることなんて・・・という気持ちもすごくわかります。

ただ、この行為。

実は読み手の方に負担を強いてしまっていることも少なくないんです。

文字量が多いと、文章を読むのに時間がかかり、理解力も必要になります。
人は興味がさほどないものに対して手間をかけたがりません。

せっかく作ったのなら、読んでほしいですよね。
どうしたらちょうどいい文字量になるかについて今回はお話させていただきます。

チラシなど紙ものは、入れられる情報の量に限りがある。

チラシなど紙ものは、入れたい情報を全部入れることは難しいです。
全部入れると上記のごちゃっとデザインになってしまいます。

では、読んでもらいやすい文章量はどうやって決めたらいいのか?

これを意識すれば文章量が決まる!というのは主に4つあります。

1. 読み手が読みやすいフォント数にする

2. 文字のメリハリをつける

3. イラストや図を入れる

4. 空白を作る

詳しくは下記にて説明しますね。

1. 読みやすいフォント数を意識しよう!

当然ですが文字が多ければ文字を小さくしないと紙面に入りません。
小さい文字の羅列は読む気になりにくいし、人の目にとまりにくくなります。
読んでもらいたいのであれば、ある程度の文字の大きさが必要です。

このニュースレター(A4サイズ)を例にあげると、
下記の赤枠で囲われた文字の部分のフォントの大きさは10ポイントです。

文字の大きさは8~10pt(ポイント)、
読み手の年齢が高ければ、9~11pt(ポイント)は欲しいところです。

フォントによってポイントの大きさは異なる場合があるので、ポイント数は目安です。出力して大きさを確認してください。

2. メリハリをつけよう!

デザインがごちゃつく時、文字の大きさのメリハリがつけられていない場合が多いです。

下記デザインをみてください。
最初にタイトルが、その次に各記事のサブタイトルが目立っていますね。

ぱっと見で気になるワードが目に入ってくるように作成することが大切です。

3. イラストや図などを入れよう!

これはタイトルの通り。
どうしても入れたい文章があるけれど流れ的に入れるのが難しい場合や、文章の補完としてイラストや図を入れるとわかりやすくなってGOODです!

4. 空白でブロックを作る!

下記デザインの青くしているところが空白部分です。
空白を使ってブロックを作り、読みやすくしています。

いかがでしたか?
結局のところ匙加減次第だったりもするので、「上記を意識して作ってみましょう」としか言えないのですが、なんとなくイメージがついたならうれしいです。

それではまた!

コチラの記事もどうぞ。